掃除機を買いに行った

前回の記事で、私はアレルギー性鼻炎持ちなのだが使っている掃除機が安物で性能が疑わしいので、高性能な掃除機に買い替えようと思う、ということを書いた。

安物の掃除機の何が疑わしいかといえば、ヘッドにブラシがついていないので畳に張りついたホコリが取れているか疑問だし、排気の性能も推して知るべしなためか、掃除機をかけても鼻炎がちっとも良くならないのだ。

 

今回はその続きの話を書く。

前回のエントリに書いた通り、機種は「日立 かるパック CV-PE300」というところまで絞った。

 

私はいそいそと地元の電機屋さんに行った。

「掃除機を購入したいのですが、取り寄せていただけますか?」

電機屋のおじさんはメーカーに電話をかけて、該当機種があるかを尋ねた。すると、この機種は生産終了で、購入するなら新機種「CV-PF300」になるという。

金額も教えてもらったが、新機種なため、かなりの高額だった。

私は気になっていたもうひとつの事項を聞いた。

「修理するときはこちらに持ち込めば良いですか?」

するとおじさんは「当店でできる範囲は修理するけど、メーカー修理の場合、お客様からメーカーへ送ってもらうことになります」という。

「今はメーカーが取りにきてくれないんだよ。」とのこと。

えええ!?そんなあ。

持ち込み修理ができないのでは、地元の電機屋さんで買う意味がない。

おまけに高い機種しかない。店のおじさん自身「わあ、高い。こりゃ検討だな」という。

私は検討しますと言って店を出た。

そしてその足で電車に乗り、電車で行きやすい場所の家電量販店に向かった。

ネットで買うこともできるけれど、リアル店舗で買った方が、修理のとき店に持ち込める。遠くの店より近くの店だ。

 

家電量販店の、掃除機のコーナーに行った。

いちおう店員さんに私の欲しい物の条件を相談して、機種を確かめた。

やはり私の条件だとCV-PF300またはCV-PE300になるという。CV-PE300は型落ちで安くなっていた。在庫もある。

店頭での展示は本体のみ(ホースや電源なし)だったが、持たせてもらって重さを確認した。

少し重いが、まあ持てる。

修理も持ち込みOKとのことだ。

私はここで購入をした。

 

品物は持ち帰るのではなく自宅に送ってもらうことにした。

お支払いをしたり、宅配の伝票を書いたり、ポイントカードの会員登録をしたり、と少々面倒な手続きをして、購入手続きは終了した。

お届けは9月17日、ということになった。

 

そして今日。

いよいよ購入した掃除機が宅配便で届く。

届くのを待ちながらこのブログのエントリを書いている。

買った物が届くのを待つ時間は、わくわくするものだ。

 

掃除機を買い替えようか検討中

くしゃみや鼻づまりのシーズンがやって来た。

私の鼻はアレルギー性鼻炎で、毎年春と秋になると、くしゃみや鼻づまりがひどくなる。

耳鼻科に行ったところ、弱い薬を出されて、あとは掃除をまめにするように言われてしまった。

 

ところが、私が現在使っている掃除機は安物で、本当にホコリが十分に吸い取れているのか、排気にホコリが漏れずにキレイな排気が出ているのか、大いに疑問である。

 

そこで、掃除機をもっと高性能なものに買い替えることを考えている。

 

新しい掃除機に望むことはいくつかあるので、それを整理して品物を検討してみる。

 

スティック型か、そうでないか…

スティック型にするか、昔ながらの本体とヘッドの持ち手がホースでつながっているタイプ(キャニスター型)にするか考えた。スティック型は、置き場所が省スペースとか、手軽に使えるなどのメリットはあるが、私が欲しいものは高性能なものである。また、スティック型に多いバッテリー式は、一定の期間でバッテリーが寿命を迎えて交換が必要になってしまう。コンセント式は壊れるまで使える。吸い込むパワーとか、ヘッドに回転ブラシがついているとか、手元が軽いとかのメリットも考えて、昔ながらのコンセント式キャニスター型にすることにした。

 

サイクロン式か、紙パック式か…

私はハウスダストにアレルギーがある。だから、メンテナンス時にホコリが舞ってしまうサイクロン式はやめて、紙パック式にすることにした。

 

では、紙パック式キャニスター型に私が望むものは何か。

まず、なるべく排気で部屋のホコリを舞い上げないものが欲しい。

具体的に言うと、排気が真後ろを向くのではなく斜め上方に向いているものが良い。

調べると日立の「かるパック」という銘柄のシリーズが、排気が斜め上方に向いていて、ホコリが舞い上がりにくいことがわかった。

現在はどうしているかというと、掃除機本体のハンドルを左手で持ち上げて、ホコリの舞い上がりを予防している。可能であれば、新しい掃除機でも同じように本体を持って掃除できたらさらに良いだろう。

 

次に、ヘッドにブラシがついていて、ホコリを掻き出して掃除するものが欲しい。

それから、排気がキレイなものが欲しい。

ただし、最上位機種の、ヘッドがLEDで光るのは好きじゃない。

 

このような条件のもとに機種を選ぶと、

「日立 かるパック CV-PE300」

という機種が、私には一番向いているのではないかということがわかった。

 

「日立 かるパック」の上位機種には CV-PE500とかCV-PE700もあり、こちらは排気がさらにキレイ(捕集率…PE300:99%、PE500:99.9%、PE700:99.999%)なのだが、推奨されている紙パックが高価で、3枚で2,000円もする。ずっと高価な紙パックを買い続けられる自信はない。そこまで徹底的にこだわらなくても良いのかも、99%ならまあ良いかな、と思った。

また、PE300は本体中央にハンドルがついていて、左手で持ち上げて掃除をするのに良いかもしれない(PE500とかPE700だと、持ち上げた時に本体が縦向きになる)。(←そこにはこだわるの!?)

それと、PE500とPE300を比べた際に、仕様の細かいこだわりポイントが、PE300の方が私の好みにあうらしい(ホームページで見た限り)。

心配なところは、PE300は現在使っているものより少し重い点だ。

 

やはり、家電量販店で実物を手にとってみた方がよいのか…?

 

実を言うと、今回は家電量販店ではなく、地元の小さな電機屋さんで買おうかなと思っている。

なぜなら、修理のとき販売店に持ち込みやすいからだ。

家電量販店でも修理受け付けはしているだろうが、ちょっと遠いのでそこまで持っていくのは大変だ。車がないからここは重要だと思う。

 

ここまでが、ここ数日考えたところだ。

物を買うときに細かく比較検討するのは楽しい。

さて、今日はこれくらいにして、後日行動に出ようっと!

近況

しばらく更新をしていなかったので、今回は近況を書こうと思う。

 

双極性障害は、相も変わらずうつ状態だ。

気力が出なくって、いつも四苦八苦している。

 

そんな中でも、作業所というところに通って、軽いお仕事を始めて1年少々になる。

現在は週2日、2時間のみの作業だ。

仕事内容を書くと場所がバレそうだから、ここには書かない。

欠勤はたまに熱を出した時くらいで、だいたい無事に通えている。

 

家事は・・・相変わらずしんどい。いつもギリギリだ。

 

運動は、今は暑いこともあり散歩はしていない。

 

お薬は、いつも飲んでいるラミクタールに加え、3月下旬からビプレッソが足された。

効果はあるのだかないのだか、変化がゆるやかすぎてよくわからない。

 

近頃は毎週のように図書館に行って本を借りている。

たまに余裕があるとちょっとしたお出かけに行く(最近は行けてない)。

 

 

・・・近況といったらそのくらいかなあ。

 

日常生活を送るだけで精一杯といったところだ。

双極性障害の研究の進歩に少しだけ寄与した

双極性障害に関する研究は、まだまだ発展途上で、わかっていないことが多いという。

はやく研究が進んだらいいな、研究が進んで、良い治療を受けられたらいいな、と普段から願っている。

 

そんな私が2016年、あるホームページを目にした。

理化学研究所脳科学総合研究センター 精神疾患動態研究チーム

ここで、研究に協力してくれる双極性障害の患者とその両親を募集しているとのことだった。

ゲノム研究参加のご案内 | 理化学研究所脳科学総合研究センター 精神疾患動態研究チーム

 

 

おお!これは私がお役に立てるチャンスだ!

科学の進歩を、ただ何もしないで指をくわえて待っているより、少しでも進歩に役立つことができるなんて素晴らしい。

そう思って、私は両親を誘ってこの研究に協力してみた。

 

まず、理化学研究所脳科学総合研究センター精神疾患動態研究チームのゲノム研究担当者にメールをして、研究に協力したい旨を伝えた。

すると研究担当の方からメールの返信があって、協力に必要なことをメールで教えてもらえた。

 

そして驚いたことは、すべてのやり取りがメールと郵便と電話で済むことで、ゲノム研究といえど採血の必要もなく、どこかの場所に出かける必要すらないことだった。

 

まず1つ目のステップは、両親に協力を仰ぐことだった。

双極性障害の患者とその両親を対象にした研究なので、両親に話をして、協力してもらえないか聞いてみた。

父も母も快く引き受けてくれた。

両親の了承が得られた旨を伝え、私と両親の住所と電話番号・メールアドレスを担当の方にメールで教えた。

 

 2番目のステップは、書類と唾液採取キットが郵便(レターパック)で送られてくるので、書類を受け取って読み、必要事項の記入と同意書のサインをすることだった。

読むものはちょっと長かったが読み切れないほどのものでもなく、書くものもそれほど難しいことはなかった。

ただし病歴を記入する必要があったので、自分の病気がいつからか、などを確認する必要があった。

病歴が長くなっているので、自分のことでも案外忘れているもんだなと感じた。

 

私はこのステップで「個人情報はどのように管理されているのかな?」と思い、問い合わせてみた。個人情報は理化学研究所の安全管理室という部署で管理しているとのことだったので、その部署の人にメールで説明を受けて、納得した上で研究に協力した。

 

3番目のステップは電話面接だった。

初めに聞いたときは「電話面接って何?緊張するやつ?」と思ったが、何のことはない、電話越しで向こうの質問に答えるというものだった。

私、父、母とそれぞれに、研究担当者とお互いに都合がつく日時を相談して、研究担当者から電話をしてもらって電話面接を行った。

 

 

4番目のステップは、唾液を採取することだった。

キットの説明書に書いてあるやり方で、送られてきた唾液採取キットに唾液を入れ、キャップをする。

父は「唾液の量を入れるのがちょっと大変だった」と言っていた。

私は、唾液だけで研究ができるということに改めて感心した。

 

最後に、書類と唾液キットを郵便(レターパック)で理化学研究所に返送して完了。

返送用のレターパックは同封されているので、入れて送るだけでOKだった。

 

研究に協力したのが、このブログを書く2年くらい前のことなので、細かいところは忘れてしまっているのですが、大まかには以上に書いたようなことだった。

 

ちなみに、ゲノムの研究に協力したからといって、自分自身の個人的な何かがわかることはない。

費用もかからないが謝礼もない。

ただ「研究が進む」その一点である。

 

しかし将来研究が進んでくれれば、それによって進んだ治療を受けることができるかもしれないし、あるいは未来の患者が救われるかもしれない。

そんな進歩に微力ながらも寄与できることに意義を感じた。

 

☆2018年現在も、この募集は続けられています。

加藤忠史 on Twitter: "今年も引き続き、双極性障害の原因を解明し、診断法・治療法を開発するためのゲノム研究に、双極性障害の方とそのご両親の3人でご参加下さる方を募集しています。遠方でも簡単にご参加できます。詳しくはこちらをご覧下さい。ご協力お願いします! https://t.co/MtQ6dUoiRs"

 

2018.3.27 加筆修正しました。

2018.8.6 わずかな修正をしました。

HNとブログ名を変えました

ハンドルネームとブログ名を変更しました。

 

旧HN:megurin

旧ブログ名:megurinの日記

 

新HN:メグリ

新ブログ名:メグリのブログ

 

です。

よろしくお願いいたします。

低血圧はつらいよ

私は低血圧だ。

最高血圧が上88mmHgとか、よくある。

 

困るのが朝起きにくいことと、急に立ち上がると立ちくらみがすることだ。

しばらく座っていた体勢から気合いを入れて「よし!休憩終わり!気合いを入れて取り組むぞ!」と立ち上がると、頭がフラフラして倒れそうになる。非常に出鼻をくじかれる。

 

お医者さんからは「低血圧なので、もう少し太ってください。1~2kgでいいです」と言われてしまった。標準体重なのにな。

 

軽い運動を長く続けたところ85未満に下がることはなくなったので、成果はあったのかもしれない。

 

それでも朝はつらい。

よく「朝は太陽の光を浴びましょう」と一般に言われるしそれは正しいのだけれど、雨戸まで辿り着く元気が無いときが困る。

 

終わりのない日常は続く。

現代の常識は、未来の非常識!?

価値観は時代とともに変化していく。

現在一般的で常識的な価値観が、未来の世界ではとんでもない非常識になるのではないかと不安に思っている。

 

例えば、昔は「男は外で働き、女は家庭を守る」という時代で、それは当時における合理性をもっていたのだろう。

しかし、今の時代に「男は仕事、女は家庭」なんて言ったらただのひどい差別主義者だ。

他にも、昔は「心の病気の原因は幼児期の母子関係」という説が言われていたが、今では「心の病気の原因は脳内の物質のアンバランス」といわれる。

昔に当たり前とか正しいとされていたことが、現在はとんでもない誤り、という変化が起きたりしている。

 

私は今のところ時代の変化の恩恵を受けている立場だが、未来はどうなるかわからないと思うと、怖くもある。

 

例えば「弱者は社会全体で支えていきましょう」という時代だが、未来の世界ではそれがすっかり変わってしまう時代が来てもおかしくないくらいに世の中の変化はわけがわからない。

 

不安だ。