読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伸び縮みする時間に対応するために有効なアプリ

発達障害の人の体感時間は、一定じゃない。 ゆっくり進んだり速く進んだりバラバラだ。 それを補うための一つの方法として、タイマーやアラームの活用があげられる。 リンクで紹介するアプリは、時報に使ったり、目覚ましに使うだけでなく、Googleカレンダー…

空気が読めないとき、空気以外に読むべきもの

発達障害だと、私を含め、どうしても空気が読めないことが出てくる。 「空気なんて目に見えないし得体の知れないもの読めないよ」と思うとき 誰かの参考になればと思い、このエントリを書きます。 空気以外に読むべきもの。 それは、「状況」や「文脈」だと…