「私はこんなに頑張っているのに!」の罠

自分がすごく頑張っているのに人に認めて貰えないとき、不満になりがち。

 

でも、自分がすごく頑張ってしていることは、他人ならそんなに頑張らなくてもできることかも知れない。

 

自分のキャパシティが小さいだけなのかもしれない。

 

そう考えると、悲しくはなるけれど、人に不満を持つことは減りそうだ。